上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
1、新アーケードが完成

心斎橋筋北商店街に平成25年12月20日にお披露目!
           
             心斎橋アーケード(筆者撮影)

あれ?長堀通のアーチに「心斎橋と太夫(おいらん)道中の影絵」どんな関係なの?(≧∇≦)
1)大阪城の外堀だった長堀川、そこに架かっていたのが「心斎橋」でした。
しかし、今の長堀通には車が流れるモニュメントの「心斎橋」となってしまいました。
2)心斎橋は世界的に有名ですが、今ではタクシーで心斎橋へと云うと「エッどこの心斎橋ですか?」と聞き変えされます。これはひどい、名前だけがドンドン一人歩きし、肝心の心斎橋がどこにあるか解らなくなってしまいました。
3)なぜ、心斎橋が忘れられるのか?
歴史文献を調べた上で、心斎橋筋北商店街の玄関にあるのが、390年余りを迎えた「心斎橋」だと確信しました。
4)そこで、我々商店街では、全国でも珍しい「和風調の迎賓アーケード」をこの地に造り、国内外からのお客様に「おもてなし」をしようと決意したのです。
注)大坂の新町と京都の島原では「太夫(10万石の大名格の従5位)と呼び、江戸の吉原では「花魁(おいらんの遊女)と呼ばれていました。

2、心斎橋筋の発祥地は?
1622年(元和8年)
             
                 心斎橋木橋1622年
      (心斎橋筋の文化史・心斎橋筋心斎橋筋商店街振興組合)

長川(おさがわ)の川幅を掘下げ広げ「長堀」を造り架橋したのが、伏見の職人岡田新三(心斎)達で「心斎橋」と名付けたのです。(木橋の長さ35m幅4m・現在価5000万円)そして、掘上げた盛り土を造成し家屋敷を建て「船場や島之内」を造り上げたのです。

1676年(延宝4年)「日本の夜店の元祖」‥『心北夜見世』
              
              順慶町夜見世・安藤広重絵図
  (中之島図書館より)『心斎橋筋北商店街が発祥』(元禄時代の12年前)

「摂津名所図会大成」には「幕府から夜間営業が許可されると、人々は順慶町通りの心斎橋しばしも往来の間、断えなく」とその形相は、新町橋の上まで夜店が並び、順慶町通りから右左折し、心斎橋筋へと自然に流れ込む様になり、北は博労町町の道半ば、南は安堂寺町辺り迄を行き交う様になり、船場から「商いの原点」が始まり、心斎橋筋の商店街が発足し始めたのです。

『心斎橋筋北は商いの原点』
            
             誓文払(浪花の梅・四之巻より)

「浪速の賑ひ」にも、この順慶町の夜店については「黄昏の頃より往来の左右に店を出し、種種の品を飾り、おもひおもひの標の行灯(あんどん)を照らす事、万灯の如く」とあります。これが『なにわの小売の原点」で、いずれ全国にこの商いが広がっていくのです。

3、今も昔も町名になっていない心斎橋
1)江戸時代「木橋の心斎橋」は、当初から二重町名。
             
                  心斎橋木橋1622年
      (心斎橋筋の文化史・心斎橋筋心斎橋筋商店街振興組合)

南区史には、心斎橋の町名は、1655年(明暦元年)に町名が誕生した時に、橋の真中から東が「長堀心斎町」西が「長堀十丁目」となっています。この時「大坂三郷町絵図」に初めて「心斎橋」と銘記され、1657年(明暦3年)「新板大坂之図」にも「しゅんさいばし」と橋名が記されています。

2)明治時代「鉄橋と石橋の心斎橋」
             
                  心斎鉄橋(絵葉書より)

              
                 心斎橋s36(筆者撮影)

明治5年3月に町名が変更されると、東は「末吉橋通3丁目」、西は「末吉橋通4丁目」と改称され、明治6年から鉄橋(現.鶴見緑地西橋)に、明治42年から有名な石橋(今回のアーチ影絵に採用)に生まれ変わります。

3)御堂筋に地下鉄が開通
               
             地下鉄開通(日航ホテル展示会より)

昭和8年5月20日長堀川の底に「心斎橋」の駅が完成しますが、北改札口に上ると「末吉橋通4丁目」となります。さて、地下は何m下から心斎橋なの?

4)昭和39年11月「陸橋の心斎橋」
              
             渡初め直後s40(大阪市100年より)

昭和36年5月都心の真ん中に大駐車場が必要だと長堀川は埋められ、地上と地下に駐車場が完成しますが、肝心の川が埋められ、心斎橋は長堀通の陸橋となり、心斎橋の町名は「末吉橋通3丁目無番地」となります。

6)平成8年元年に中央区になった「心斎橋」
               
                現在の心斎橋(筆者撮影)

有名な心斎橋の町名がが欲しいと、ドンドン一人歩きして、明治5年からの「心斎橋筋」の町名、更に昭和57年2月には「東心斎橋・西心斎橋」の町名も出来てしまいます。我々の商店街が中心になり「心斎橋運動」を起こしたのですが、平成時代になっても肝心の心斎橋は「南船場3丁目」の町名のままのこされてしまいました。

7)心斎橋がある街には、心斎橋がナイ
大阪市の市民局にお願いし、心斎橋がある街なのに心斎橋の名がナイのはおかしいと、住居表示板の横に市費で(通称)「北心斎橋」のプレートを付け、地域地図にも掲載して頂きました。
又、南郵便局の局長にもお願いし、今後は「北心斎橋」でも郵送して頂く様に御願いしましたが、今日では郵便番号を記入しないと届きにくくなり不便を感じています。

4、心斎橋筋の南北の端は?
1678年(延宝6年)「心斎橋筋の北の端は?」
                
              延宝9年改町名の心斎橋筋地図

1)「芦分舟」付録に「しゅんさい橋筋ハ、南はゑびすばし、北はよどや橋一丁上」とあります。
2)延宝9年の地図には、現在と同じ様に「土佐堀川」が流れ、左の橋に「よどやばし」右の橋には「せんだん木橋」とあり、中央の道には「志んさいばしすじ」と記載されています。
3)昔から、心斎橋筋は御堂筋(当時は淀屋橋筋)の一筋東で、南は戎橋北詰から心斎橋を経て土佐堀川に至る街路の名前で、今も戎橋~土佐堀通に突き当たる北浜3丁目迄の2.6kmの街路名です。

5、心斎橋通と心斎橋筋
1)心斎橋筋は、長堀通~戎橋迄ではないのか? 長堀通から北は新たに心斎橋筋が出来たのでは?とお思いの方が多勢おられる様です。
               
           心斎橋通初売り(心斎橋筋の文化史より)

2)なぜか、江戸時代の長谷川貞信の錦絵の右端の説明には「心斎橋通」とあり、歌川貞芳の錦絵「浪華御津八幡正遷(せん)宮心斎橋通江戸吉原大門口錺物(かざりもの)之図」にも「心斎橋通」と記されています。エッ!当時は間違いなく心斎橋筋でなく心斎橋通だったのか?
⭕それでは歴史を紐解いて見ましょう。
3)奈良時代(744年)は
ご承知の通り、船場や島之内(北)は、奈良時代は安曇江(あずみえ)の海や湿地帯で、潮が満ち干きする干潟でした。
4)通と筋が出来る
①昔の京では、北に御所が、南に平安京の都(794年)があり、牛車や馬、駕籠で通(かよ)う、通じるから、南北は広い幹道として「◯◯通り」と名付けます。
一方、人が通る東西の狭い枝道には「一~九条」と名を付け街路名を区別したのです。(「条」を漢和辞典で調べると、音読みはジョウ、訓読みはエダ・スジ(筋)だと解ります。)
②奈良時代の大坂の御津・島之内(南)は既に陸地化しており、当時から存在する「御津八幡宮や三津寺さん」は今も残されています。
③古いこの地の仕来たりは、京の都の街路名と同様に「幹道の『通り』は南北道、枝道の『筋』は東西道と名付けられました。
④御津・島之内南地区は、お公家様が名付けた由緒ある東西の街路名として、今も「清水町筋・周防町筋・八幡筋・三津寺筋」と呼ばれ、その名残(なごり)が残されています。(写真は、御堂筋にある東西道の清水町筋の表示板)
                 
      東西南北が筋として残る、御堂筋と清水町筋(筆者撮影)

5)豊臣秀吉時代
①秀吉は、この湿地帯の船場と島之内(長堀川~大宝寺通)を開発して、島之内南の清水町筋の陸地部分と結合して、街路名となったのは天正11年(1584年)頃の事です。
②処が、秀吉は、大坂城へ行く街路として「通り=東西の広い幹道」とし「筋=南北の狭い枝道」と名付けた為に、大坂の街路は京の町とは逆方向の街路名となったのです。(成上がり者の秀吉は、公家様の名付けた街路名まで手が付けられなかったと考えられます。)
③この説明でお判りの通り、秀吉時代に造成された「心斎橋筋は、北浜3丁目~長堀川の心斎橋~大宝寺通り」間で、奈良時代からの古い島之内(南)地区は「心斎橋通」だと区分されていました。

6、江戸時代には
①初期の、延宝6年(1678)「芦分舟」付録に「しゅんさい橋ハ、南ハゑびすばし、北はよどや橋一丁上」とあり、貞享4年(1687)の「大坂町絵図」には土佐堀川の淀屋橋の一筋東に「志んさいはし筋」とあります。
②中期の、宝暦9年(1759)の「摂州大坂画図」にも「心サイバシスヂ」と銘記されています。
③末期の、弘化3年(1846)「浪華買物独案内」や安政年間(1854~60)の「浪華百景」の錦絵他には「心斎橋通」とあり、江戸時代には心斎橋通と心斎橋筋が混載されていた様です。

7)明治からの心斎橋筋は
なぜか皆様は、心斎橋筋は長堀通~戎橋ではないのかと、間違っておられるのでしょうか? 実は、明治5年(1872)3月に町名が変更され、長堀通から南詰の5つの町(錺屋町(かざりや)、木挽(こびき)北之町、木挽中之町、木挽南之町、菊屋町)が合併して「町名の心斎橋筋」が生まれ、地図上に記載される様になり、新しい心斎橋筋が出来たのです。

8)今の地図上の、心斎橋筋はなんと?
現在の「町名の心斎橋筋」は、この事実に照らして見ますと、大丸本館玄関前から北側の32%が「心斎橋筋」で、南側の68%が「心斎橋通」という事になり、町名の心斎橋筋は実質1/3しかなく大半が「心斎橋通」と云う事になります。
(≧∇≦)これでは「心斎橋」が可哀そう!
我々は、この和風アーケードを造り、ここが本来の『心斎橋』ですよと、皆様に訴え続けていきたいと思います。
今後共、心斎橋筋北商店街をご愛顧頂きます様よろしくお願いします。

              心斎橋筋北商店街振興組合
                理事長 春木洋次
pagetop
当会の春木洋次理事長が自らガイドをして、江戸時代前後から大阪の商業の中心地であった心斎橋周辺のまち歩きが、9月27日(土)に開催されました。
大阪あそ歩・コース名:心斎橋

三津寺前
三津寺筋にある「三津寺」は、天平16年(西暦744年)、聖武天皇の勅命により行基菩薩が応神天皇の御墓所跡に創建され、「日本書紀」には「御津」とも書かれ白砂青松の景勝地だったといわれています。現在のお寺は御堂筋の拡張で境内が削られた折、昭和8年に建てられたもの。

松竹座
イタリア・ミラノのスカラ座をモデルにネオルネッサンス様式で1923年に建築され、現在の建物は1997年に外観を残し改築されました。また、外観の外側はパリの凱旋門を模して建築されたとも言われているそうです。

大丸心斎橋店
大丸の商標の「大という字は、一と人を合わせたもので、丸は宇宙・天下を示す」ことから、天下第一の商人であれという業祖・下村彦右衛門正啓の志と決意が込められたものと伝えられています。大丸マークは、1913年(大正2年)に、縁起のよい七五三の髭文字を商標登録しました」(大丸ホームページより)

心斎橋の灯篭
心斎橋の変遷と灯篭    心斎橋は、元和8年(1622年)長堀川の開削の中心を担った伏見町人・岡田心斎が架橋したことが橋名の由来です。
その後何度か架け替えられ現在は石橋の一部が高欄やガス灯を設置し復元されています。

そのほか、「心斎橋筋商店街発祥の地」(順慶町通りと心斎橋筋が交差する辺り)、「順慶町井戸の辻」等々の説明を聞きながら、約2時間半の散歩を大阪商業の一等地であった心斎橋周辺の楽しい歴史探索となりました。
「春木理事長のガイドでこの辺りを散歩したい方や、その他の地域も散歩したい方は“大阪あそ歩”のホームページで日程を確認し、予約を取ればだれでも参加OKですよ !!!
https://www.osaka-asobo.jp/
pagetop
文明開化・近代の始まり

1882年 (明治15年)
貨幣・金融制度が確立し、国民経済が成立
銀本位制度の導入を目指し、大蔵次官.松方正義による「緊急財政(デフレ)」を実施。
6月 日本銀行条例を公布して、10月に日本銀行を開業。
日銀は唯一の発券銀行となり、民間銀行発行の銀行券を回収し、日銀券に交換する。年末、大阪支店(今橋)が設立。株主は大阪121名.京都113名.滋賀80名.東京74名.兵庫26名。この事から、上方が日本経済に占める割合が多かったと推察出来ます。

西洋文明の威力に5万人が群がる
大阪紡績(現.東洋紡)工場のお目当ては「電灯」の明かりを求め群衆が集まる。府知事婦人は「パーティー用に電灯を貸して欲しい」と言い出し関係者を困らせたという。

1884年 (明治17年) 兌換銀行券条例導入
日銀大阪支店は、大川町(現.三井住友銀行)に移転するが、その後拡張する為、水戸.島津藩の蔵屋敷跡(現在の市役所前)に移転する。
2月 角座の新築開場式で、市川右団治の注文で洋風設備が披露。
売店では始めてアイスクリームが5銭で発売されました。
中座の5月公演で劇場前飾りに一灯を点し、都踊りの総踊りで初点灯。この灯りは千日前の竹林寺の境内に小馬力のモーターから送電した私設電灯でした。
大阪市は1区に1小学校でしたが、次々合併し39学区となる。

1885年 (明治18年)
                  
                 伊藤博文(旧千円札より)
12月 内閣制度に移行、初代内閣総理大臣に伊藤博文が就任。
初代大蔵大臣の松方正義は、日本銀行の初発行の兌換紙幣(この紙幣と同額の銀貨と交換する保証券)を発行し、銀本位制を実施し銀貨を回収する。

1886年 (明治19年) 教育制度が確立
生徒増と関心度が高くなり、小学校は初等科3年→義務教育の尋常科は4年制となり、中等科が廃止され、高等科2年となり、学校規模が大きくなり合併が増えるようになりました。

1887年 (明治20年) 大阪の人口は40万人となり、江戸時代のピークにやっと回復しました。

1889年 (明治22年) 2月 大日本憲法公布
4/1 大阪市が施工 当初の10年間は江之小島の府庁舎内。人口47万人となる。
7月 国鉄 東海道本線開通

1890年 (明治23年) 小学校令の改正
尋常科と高等科の併設の尋常高等小学校と、尋常科のみの小学校と、高等科のみの小学校が誕生。

1894年 (明治27年)7月~1895年 (明治28年)3月 日清戦争
主に朝鮮半島(朝鮮王朝)をめぐる大日本帝国と大清国の戦争が起きる。
大阪の市章制定
                 
           大阪市澪標(写真で見る大阪市100年・大阪市)
天保時代頃から「船が浅瀬に乗り上げない様に安全運行の澪(みおつくし)標」が水都大阪の市章に選定される。

1895年 (明治28年) 桜宮浄水場に水道事業が完成
市中に給水が始まり、永年恐怖の疫病コレラから開放される。

1896年 (明治29年) 千日前の横井座
千日の墓石を、横井座(旧.大劇)が建設に当たり基礎石に再使用し、破風造りの3階建(7000人収容)の日本一の大劇場を創る。3/18開場式の日に、座主が俠客.八百駒の幹部に殺害され、劇場は焼け落ちる不祥事が起こりました。

1897年 (明治30年) 貨幣法を制定
日清戦争の賠償金による金準備を元に、金本位制に復帰。1円=0.75g $1=2円となる。

1898年 (明治31年) 2月「大阪繁昌誌」(宇田川文海・長谷川金次郎編)
「戎橋の南詰より阪堺鉄道難波停留所に至る間は、道頓堀に至る間は、道頓堀に劣らざる繁盛地にして人の往来甚だ雑沓を極む、此筋に南吉楼.北吉楼.丸万料理店、六兵衛善哉等ありて殊に世に知らる」とあり。

1900年(明治33年) 日本銀行兌換券を発行し、この券と金貨を交換。
政府紙幣と国立銀行券の発行を停止がいい渡され、国立銀行は現在の銀行となる。
「大大阪時代」心斎橋筋北商店街には、本屋20軒、舶来商15軒、時計商18軒、洋傘商11軒、洋反.洋服商5軒が軒を連ね、文明開化が浸透します。「東の銀座、西の心斎橋」と並び称され、「心ブラ」が大流行します。
「大阪営業案内」にも、戎橋から難波停留所迄のお店の様子が記され、南吉楼(現.丸井南側) 六兵衛善哉(現.サンマルク辺り)にありました。
新淀川の開削が始まったが、翌年、荒狂う淀川はほぼ完成の放水路が決議し苦慮する。

1902年(明治35年) 老舗商家の衰退
1849年から50年間連続の長者番付230余の老舗商家は、明治経済社会の未曾有の変革により1割も残りませんでした。
千日前の大劇場、横井座が失火。その後、春日座となるがやはり焼失します。

1903年(明治36年) 内国勧業博覧会
              
    内国博パンフレット(市電-市民とともに65年-大阪市交通局より)
1、第5回が新世界で開催、日本の博覧会(95000坪)で初の外国館が出展し約500万人が入場する。
2、この博覧会には数軒の塔があり、大林高塔(50m)があり大阪で初のエレベーターを備え、大阪の街が眺望出来ると大人気でした。
3、この内国見学会に人力車が大活躍、2万台の登録があり、大阪市街の人力車賃金表(一人乗)があり天神橋からは15銭、梅田は18銭と明瞭会計。割増金として、雨天3割増、雨後泥道と夜間は2割増、雨夜と2人乗りは5割増、2人引きは3倍、1時間待は6銭でした。

日銀・大阪支店 中之島に新舎を竣工
玄関ポーチや壁面にイオニア式の柱が並ぶ。ルネサンス洋式を加味したネオ・バロック様式でベルギー国立銀行がモデルと伝えられる。

1904年(明治37年) 日露戦争が勃発

1906年(明治39年) 新淀川が完成され通水
                
           毛馬洗堰(大阪今昔散歩・中経の文庫より)
大川は毛馬地点で締切り淀川本流と分離し毛馬に洗堰を設け、洪水時の流れは新淀川に放流される様になりました。
1909年(明治42年) 毛馬閘門で完工式
淀川改修工事は、新旧淀川分岐点が挙行される。総額1009.04万円

11月23日 二代目心斎橋(石橋)の竣工式
                
             心斎橋 通り始め 明治42(毎日新聞)
1、大阪初で唯一の二連石造アーチ橋に成形された御影石が積まれ、側壁は横長の石が水平に重ねられ、中央の橋脚の上には、ギリシャ建築を思わせる柱頭飾りを持つ二本の石柱によって支えられていました。
2、昼間は川面が映る姿から「眼鏡橋」とも呼ばれ、大阪の二重橋として親しまれました。高欄の欄間には「四つ葉のクローバー飾」がズラリと組込まれており、毎日朝夕に梯子を担いだ小父さんが現れ、長いマッチを摺り、有名な「ガス灯」に明かりが灯され、誠に優美でした。
3、昭和37年11月、大阪の都心に駐車場が必要と、長堀川が埋立られ心斎橋は撤去されました。現在は、長堀通の心斎橋交差点のモニュメントとして復元され活躍しています。

天王寺公園
                
             天王寺公園(大阪今昔散歩・中経の文庫より
内国勧業博覧会の東跡地が「天王寺公園」として開園しました。

1910年(明治43年) 南地大和屋が芸者学校を創立
大和屋芸妓養成所で、数多くの名妓を育てました。

1911年(明治44年) 堺筋が拡幅(6mから22m)
堺筋は江戸時代、堺から紀州への街道。この拡幅により市電道となり大阪のメインストリートとなる。
                  
               難波橋M(写真で見る大阪市100年より)
翌年、難波橋は難波橋筋の木橋から石造に付替えられる。
                   
                 岩本栄之助(Wikipediaより)
中央公会堂が、株式仲買人の岩本栄之助が100万円を寄付し建設される。

1912年(明治45年) 2代目大阪市庁舎が
堂島に建設される。(現、NTTデータ堂島ビル)
市電堺筋線が天六まで延伸され、堺筋へ移設される。同時に淀屋橋も鉄橋となる。
1/16 南の大火
              
                南の大火(大阪歴史博物館より)
難波新地4番町に「遊楽館」という貸座敷(妓楼)から出火。
この大火により難波新地の一部が火の海(10万946坪(33.3ha)全焼4750戸.被災者17900人.死亡4名)を出し、遊郭としての機能が廃止される。代替地に飛田遊郭が建設される。

内国勧業博覧会跡地の新世界
                  
             通天閣(大阪今昔散歩・中経の文庫より
パリーの凱旋門とエッフェル塔を組み合せた天に通じる建物として、初代「通天閣(東洋一=高さ75m)」世界初の円形エレベーターが出来、その南側に「ルナパーク遊園地」が誕生しました。

(*^_^*) (^o^)(^=^)
以上、太閤さんが開発し始めた「船場の町」から出発し、明治時代迄の400年余りに渡る大阪の街は、皆様方が生活に便利な様に拡大し、変貌してきました。さて、お役に立ちましたでしょうか?
今や世界はグローバル化による発展を続けていますが、何と言っても大阪の歴史と文化が、この基礎があっての重厚美だったのです。
大阪人には、どんな想いと苦労があって、この良き大阪が築かれ、我々の根幹が生まれて来たのかを知った上で、次世代の方々に更に素晴らしい歴史と文化を伝承して行きたいものです。      !! まいど おーきに !!    
pagetop
1868 年~19年
明治維新

1868 年(明治元年) 8/27 明治天皇 御即位される。
                  
                  明治天皇(Wikipediaより)

9/8 明治に改元。10月 江戸城が皇居と定められる。

新政府
1、徳川幕府の倒壊により、一般民衆に開放感を与え、新政府への期待は非常に大でした。
2、政府は強力な中央集権をもくひょうとした為、民衆の期待通りに行かず、新政府に反対する者も多く、政府要人を暗殺する事もありました。
3、天皇を中心とした政府を諸外国に承認せしめ、①諸藩を廃止 ②新に県を置き ③貨幣を決めて ④官製を改正 ⑤戸籍法を制定等 ⑥国内体制を整えつつありました。

貨幣を制定
政府は、諸藩の銀目遣い(銀礼)を禁止、銭札の発行を中止されました。

大坂から大阪へ
大阪府を設置。大坂城は「徳川に埋められ、土に返って縁起が悪い」と坂を明治の世から小里辺の「阪」を使用する様に改めました。
江戸時代から明治の近代化への目まぐるしい変化は「天下の台所」であった大阪に深刻な影響を与え、大名がいなくなり大阪繁栄の蔵屋敷が廃止される等、街は火が消えた様に淋しくなり混沌とした中で、大阪港が開港したのです。

五代友厚は、
大阪在勤の外交官として 1)大阪港の開港 2)川口居留地の開設 3)造幣機械の輸入と活躍します。
                  
              五代友厚(大阪商工会議所銅像より)

メインストリート
1、地租改正時の大阪の一等地は、新町通の井戸の辻「渡辺筋」から心斎橋筋へ曲がる「順慶町」辺りがメインストリートでした。
               
     心斎橋筋北久太郎町 左・渋谷 右・北出時計店 明治末期
             (ふるさとの想い出写真集 図書刊行会)
2、北船場(北浜~順慶町)は、卸商が中心。南船場(心斎橋北詰)は、卸と小売商が混載し、本屋街から次第に「文明開化」が始まり、舶来品(時計.宝飾貴金属.眼鏡店)が目立ち、中でも3階建ての洋風建築に時計台が設置され、その佇まいは外国の風景を忍ばせ、街通りの店先は異国情緒な華やかな「文化の窓」となりました。
3、その後、開閉式のテント・アーケード装置が生まれました。
4、一方、島之内(心斎橋南詰)は小売と飲食店が並び、戎橋方面へ賑わいが広域化し始めたのです。
5、大阪の明治維新の人口は28万人に激減してしまいました。

新町の廓制度が廃止
東西の大門や垣根も取払われ、新町1・2丁目(旧.瓢箪町)は商店街となり、北側の新町北1・2丁目(旧.新京橋町.新堀町.九軒町.佐渡島町)と南側の新町南1・2丁目(旧.佐渡島町・吉原町)は花街として残ったのですが、貸し座敷と置屋の賑わいは薄れてしまいました。

「大坂繁昌誌」
島之内
1、長堀川より南は、未だ淋しく背が低く軒の深い家並みで、三間(約6m)の道路幅も狭く見える程で人通りも少なく、夜になると大戸を降ろして小窓から商売をしていました。
2、暗い道の両側には何ヶ所かの露天があり、薄暗い灯りがぼんやり足元を照らしていました。
3、10月21.22日に誓文払い(せいもんばらい=特価セール)があったが、呉服屋と襟屋ぐらいでした。

戎橋と道頓堀
戎橋は3間半(約7m)幅の木橋で、道頓堀に沿った町は南側に家が建ち、北側の川岸は土手で柳が植えられ、一ケ月に数日の芝居日以外は、送迎舟が寂しく岸に繋がっていました。

1869年(明治2年)「版籍奉還」が行われ、元皇族.公家.大名.藩主は「華族」となる。
藩礼の流通量は、全貨幣(1.87億円)の約13%となっていました。
5/4 大阪に区政制定が出来、東西南北の「四大組」に区分けされる。
北大組=大川筋・土佐堀川以北・安治川南北町。南大組=長堀川以南(明治3年9月より順慶町北下水以南を南大組に編入)。東大組=西横堀川以東。西大組=西横堀川以西となりました。

10月 五代友厚の活躍
西成郡今宮村に金銀分析所を創設し、造幣寮と結び独占事業で大儲けする。

1870年(明治3年) 友厚は、堺に紡績所を設立し、大阪に5つの新事業 ①動物園 ②蒸気浚渫(しゅんせつ)船で安治川の土砂浚い(さらい) ③定期蒸気船(九州.四国.中国~大阪) ④鉄道(大阪~京都間) ⑤
電話敷設(大阪~京都間)をする。
更に、明治9年には大阪商業講習所(大阪市大の前身)の設立に寄与。しかし、残念ながら明治18年9月49歳の若さで他界する。

9/9 苗字対等(姓.氏)
特権階級だけのものでなく、一般庶民に苗字が制定される。

大阪初の鉄橋「高麗橋」が架橋
               
            高麗橋(大阪今昔散歩・中経の文庫より)
人々は鉄橋は珍しいと多数の観客が詰めかける。

人力車登場
                 
            大阪城前人力車(日本全史・講談社より)
前年に東京の料理屋が馬車をヒントに人力車を発案、駕籠に代わる乗物として大阪でも車輪は木車で製造され、走り始めます。明治35年には2万台が活躍します。大正期になり車輪はゴムタイヤになって行きます。

1871年(明治4年) 郵便と貨幣
1月 東京.京都.大阪に郵便が開始される。
大阪に砲兵工廠 (現.大阪城公園)が設置。
巨大な陸軍の兵器工場が出来、そこから近代的な工業や技術が根づき、大阪は天下の台所から工業都市へ生まれ変わって行きました。
2月 造幣寮が開業
              
         造幣寮玄関(大阪府の歴史・河出出版新社)
              
               造幣寮(日本全史・講談社より)
英国から輸入の造幣機で統一貨幣が製造される様になります。

5月 金本位制が採用 金1g=1円=$1
新政府は新貨幣条例が制定。上方の両替商は銀貨(貫分匁)が使用したのですが、金本位制となり、円銭厘への単位制に替わり、両替商で換金しようと殺到する取付け騒ぎが起こり、40軒が休業や倒産に追込まれました。

7月 廃藩置県
1、府県管制を定め、府県知事を設置。
2、藩は廃止されるが、武士階級は存続させ、政府は従来の石高通りの禄高を支給していました。
3、廃藩置県により富の源泉だった百数十の諸藩の蔵屋敷は廃止、新規の藩札発行が禁止される。
4、すると、株仲間の解散に伴う商取引の混乱が追い打ちを掛けられ、大名貸しが棒引きとなり、老舗の豪商の約30軒が負債を抱え、次々と破綻に追込まれ深刻化しました。

11/22 3府72県となる。

12月 藩礼と新貨幣との交換価格を定めた「新貨幣、旧藩製造楮(和紙のこうぞ)貸価格表」が公表されました。

1872年(明治5年) 初の全国戸籍調査
1/29の調査では男1679.6万人 女1631.4万人 計3311.1万人。
2/15 新貨幣・・今迄通用の太政官礼や藩礼を廃止。新貨幣に代わり、伊藤博文は国立銀行条例を制定します。
3/14 島田浜田地震(M7.1)
3/15 南.北.東.西大組を廃止
1小学校を1小区とし、南14小区.北20小区.東23小区.西22小区(明治8年に23小区)計80小区となる。

町名変更・・大阪に地租改正があり
心斎橋筋の町名が誕生
1、長堀通から南詰の各町(長堀心斎町.長堀十丁目.錺屋町の各一部と木挽北之町.木挽中之町.木挽南之町.菊屋町と宗右衛門町.久左衛門町の各一部)が合併して、新な町名の心斎橋筋と従来の通り名の心斎橋筋が出来、2つの心斎橋筋が出来てしまったのです。
2、大阪府は、(上)難波神社の文楽座を松島に移し、人形浄瑠璃と歌舞伎と共に興業される。
3、廃藩置県により、富の源泉だった百数十の諸藩の蔵屋敷が廃止され、大名貸しが棒引きとなり、大阪の老舗豪商30家が破綻しました。
4、人口は26万人とさらに減り(江戸時代初期の水準)となりました。

8/3 学制頒布され、.中学.小学の設置基準が定まる。
9月 国鉄が開業・・岡蒸気が東京から横浜迄開通。
10月 土地売買の許可・・永年からの土地売買禁止が大阪布令により許可される。
右側通行・・人力車.馬車.荷車は狭い道も通るため、歩行者の左側通行とは逆の右側に規制されます。
12/2 太陽暦が採用・・太陰暦が廃止される。

1873年(明治6年) 元旦が明治5年12月3日となる。
時刻表示・・十二支の時刻表示が数字に変更される。
国立銀行制度が導入
渋谷栄一が「第一銀行」から順のナンバー銀行が出来る。
国立銀行発行の銀行券は、金貨等の硬貨交換の義務を与えました。

3月 初代・心斎橋は鉄橋
                
               心斎橋鉄橋(心斎橋筋の文化史より)
               
            鉄橋心斎橋(大阪今昔散歩・中経の文庫より)
大阪初の鉄橋心斎橋(長さ36.7m 幅3.9m設計者・本木昌造)によって架橋され、大阪の名所となる。(鶴見緑地に現存の最古の鉄橋)
               
             緑地西橋・昭和48年(Wikipediaより)

7月 地租改正・・米の収穫高から土地の所有者地価(3%)を納税する様に改正される。
火葬廃止令・・千日墓地の火葬場が廃止され、埋葬は寺院の域内のみ許可される。
仇討が公認・・祖父母や父母の殺人は、その場で仇討と認められていました。

1874年(明治7年) 大阪府庁舎・江の子島に竣工
              
        大阪府庁・江之子島(大阪府の歴史・河出出版新社)

3月 阿部野墓地が出来、千日の墓が持ち運ばれる。所々に残された千日の墓石を、横井座(座主.横井勘七・旧大劇)が建設に当たり基礎石に再利用される。

5月 梅田ステンショが誕生(現.中央郵便局地)
              
          初代梅田停車場 明治7 年(暖簾・創文社より)
官営鉄道の敷地で大阪~神戸間が仮開業。大阪駅は当初堂島に建設予定でした。しかし、住民から火車が町中を走れば火事になると反対され、周囲に何もない埋田(現.梅田)に建設されました。
6月 京都迄開通する。

「観商場(かんしょうじょう)」
この頃、心斎橋筋や周防町筋の南に、百貨店の原型が出来る。

1875年(明治8年) 淀川改修工事
                  
            デレ−ケ(なにわ人物伝430・大阪日日新聞)
1、淀川は土砂堆積がひどく水深は50cm程で、海外からの大型船入港の難所でした。
2、そこで、オランダ技師 デ・レーケを呼び淀川を拡幅。
3、手作業で深く川浚えしたが悪戦苦闘する。
4、江口.小松.大道村の地主達は先祖伝来の田畑を奪われるので、取水溝を埋めるなと、借地農民に猛反対され大苦戦しながら工事が進みました。
5、更に、明治9.15.18.22年と、淀川は荒れ狂う始末。
6、特に、明治18年には枚方堤防が100間余り決壊し大洪水、茨田.交野.西成郡が浸水。
7、市内の東区全域、南.北区が大半、野田.海老江が冠水。伝法が浸水、死者28人が発生しました。
8、彼の工事現場堤防の決壊や破損箇所が多く「金食いデ・レーケ」と非難されるが、淀川に挑戦したのです。

1876年(明治9年)
1、江戸時代の武士(人口の1割弱)は先祖の禄高で生活していました。
2、政府は金禄公債(国債)を旧士族に引渡し、禄高に応じ秩禄を買取り、旧武士達は5~14年分の額面の金禄公債を受取りました。
3、金利5~10%で元金は5年間据置、その後は毎年抽選で元金を償還しました。
4、結局、政府は武士へ少額の国債を代償に停止した一種の財産没収をして、武士階級の終わりを告げたのです。
5、又、幕府の志士達を財政面で抱えていた豪商達は、藩や維新政府に用立てた資金は返ってこず破産してしまったのです。
6、その為当時は、明治維新とは言わず「瓦解(がかい)」=屋根瓦が壊れ、やがて建物全体が崩れ落ちる。即ち、幕府崩壊により、世の中全てが崩れ落ちる」と実感したのです。
7、ほんの一部の「革命の志士達」が、輝かしい明治維新だったのです。

国立銀行条例が全面改正
奪還紙幣の交換が廃止となり、全国に153の銀行が設置される。
鴻池両替店は第13国立銀行となる。(後に、第34と山口銀行が合併→三和銀行→三菱東京UFJ銀行となる)

1月 道頓堀の中の芝居から出火し角座.筑後の芝居(旧竹本座)も焼失する。
5月 豊竹座(若太夫座)は、普請後に「阪恵座」と改称する。

1877年(明治10年)2月 西南戦争
                  
              西郷隆盛像(日本全史・講談社より)
政府は戦費調達のため、大蔵卿 大隈重信により金.銀貨への交換不能の「不換紙幣」が濫発、西郷隆盛も「西郷礼」を発行、大規模なインフレションが発生する。西郷隆盛らは、政府軍の総攻撃を受け自決しました。

3月 大阪~京都間で国鉄全通(時速28km)。電話が輸入される。

夏、再び「阪恵座」から出火し廃座となる。

十合呉服店 (そごう百貨店)
                 
               そごう 明治30年(暖簾・創文社より)
創業天保元年、座魔神社南隣の大和屋を改名し心斎橋筋に進出する。

南地大和屋が開業
初代 阪口うし が芸子扱所の置屋として開業する。
この頃、商店主の旦那衆の遊び場は格式の高い新町で、番頭や手代は戎橋北詰の宗右衛門町や九郎右衛門町でした。

1878年(明治11年)
大阪株式取引所(大証)設立
江戸時代から船場.北浜は両替商や米問屋や仲買が集まる金融中心地、五代友厚.鴻池善右衛門.住友吉左衛門によって設立される。

道頓堀「弁天座」(からくり)
明治9年1月 若太夫座(後の道頓堀劇場)から出火し類焼。
この年の4月に仮普請で「中の芝居」が蓋を開けたが、公演中に再出火。
竹田の芝居でも多数の焼死が出たが、10月に再築の上「弁天座」と改称される。

戎橋は鉄橋に架橋される
これ迄13回の修理や架替えがあり、橋の清掃や災害時の監視、行き倒れの後始末等、橋に関わる全ての負担は町衆により担われていました。
鉄橋は(長さ39.8m 幅7.8m) 欄干にはX
格子模様の鉄材が組み込まれました。

1879年(明治12年)
太政官礼や銀行紙幣が急増、発行高4800万両となりインフレ要因となる。

2月 南.東区(中央区) 北.西区が誕生
                
           豊国神社(大阪今昔散歩・中経の文庫より)
豊国神社が現.中央公会堂の地に鎮座される→大正元年に中之島図書館西側へ→昭和36年に大阪城本丸南側の現在地に移転する。

大阪で疫病コレラが発生し、7391人の死者が出て大騒ぎ。感染を恐れ港の船舶が激減、その後も波状的に流行を繰り返しました。

1880年(明治13年)
愛日連合町会により、敵塾西隣に「愛珠幼稚園」が設立されます。

1881年(明治14年)
伊藤博文は松方正義を内務卿に抜擢し、財務部門から切離す。
大隈重信は政府から追放。松方は大蔵卿に任命され、紙幣を焼却する程のインフレ退治に取組む責任者になる。

小学校教則綱領が公布
1、小学校は、初等科3年、中等科3年、高等科2年と定められた学校と。
2、初等科の小学校、初等中等科、中等
高等科小学校、高等科小学校がありました。


pagetop
<幕末・中期>
1858年(安政5年)
14代 徳川家茂の時代(在任7年9ケ月)
10月 徳川家茂(13歳)が14代将軍となり、大老の言いなりとなる。
                  
                 徳川家茂(Wikipediaより)

毎年春に夜桜見物
新町遊郭の「五曲輪(くるわ)一円に桜を植え遊客で賑わう。
                
                新町の賑い(写真集なにわ今昔・毎日新聞)
総嫁(そうか=夜鷹)
相場は32文に引き上り、問屋に雇われた「蓮葉女」が各地から出て来、客の接待を行う。
また、堀江には「ピンショ女」がいて、ピンショ船に乗り停泊中の商船の乗員の相手をしていました。

幕末の志士
                   
                勝海舟(日本全史・講談社より)

大英帝国の外交官達によると幕府の役人達はペコペコしていたが、彼達は武芸を磨き礼儀作法が身につき、自らの名誉を守り、富より精神美を重んじ、威風堂々とし、凄まじい志と信じられないエネルギーの人間力を持ち得ていた為、英国は薩摩側に着くことを決めたのです。
吉田松陰、橋本佐内、高杉晋作、勝海舟、坂本龍馬、近藤勇、中岡慎太郎、桂小五郎、西郷隆盛、大久保利通、山内豊重、大村益次郎 達

1859年(安政6年) 神奈川、長崎、函館が開港
安政金大判、短命の安政小判と二朱銀
1、6/25この安政大判2.4匁(9g)が発行され、金含有率は56.8%となり、金1:4.65銀とした。
(当時、諸外国では金1:15.3銀)
2、幕府は流出を予想していた。本来は銀を増量した新一分銀を発行し、メキシコ$1=一分銀2.3匁(8.62g)としたかったが、国内には銀量が無かった。
3、6/30 外国奉行の水野忠徳の策により貿易取引に限り、$1=一分銀となる様に、新通貨「安政二朱銀(一分=四朱)が発行され、一般には流通しなかったのです。
                  
           オールコック(大阪府の歴史・河出出版新社)

4、しかし、外人領事のハリスやオールコックは条約違反と抗議。7/22よりメキシコ$1=一分銀3枚での交換に応じる様になり、安政二朱銀は22日間で廃止されました。
5、天保小判は4/5倍に低下した「安政小判を発行し、金銀比貨を国債水準に近い1:17.2設定に是正を試みましたが、僅か4ケ月の命でした。
6、小判入手目的の一分銀両替要求は、1日16000枚となり、一分銀は底を付いたのです。
7、そこで、ハリスは洋銀の吹替え一分鋳造や、洋銀その物に「改三分」の刻印を打たせ通用する提案で、幕府に対応を迫ったのです。

1860年(万延元年) 1/20 天保小判の70%の万延小判0.88匁(3.3g)金含有率は56.8%が発行される。
天保小判1枚=3両1分2朱、安政小判1枚=2両2分3朱と区別され通用されました。
その為市場は混乱、激しいインフレーションとなり、物価は乱高下し上昇しました。

日米修好通商条約を批准(確認手続)
1、勝海舟達が咸臨丸で太平洋横断し渡米、非公式だが通過交渉が行われる。
                
                  咸臨丸(Wikipediaより)

2、使節目付の小栗忠順は、一分銀及び同額面の一分金をフィラデルフィアの造幣局で分析させ、一分銀=€35.6 一分金=€89相当だと確認する。
3、交換比率は一分金=€90だと主張するが米国側の合意はえられず。

2月 桜田門外の変
通商条約の締結は勅許を得ず、井伊大老独自の判断と猛反発があり桜田門外で暗殺される。

1861年(文久元年) 4月 英国の初代駐日公使オールコックは、長崎~品川に旅行、大坂に4~5日滞在「中之島は仏のセーヌ川や伊のヴェネチュアの様で、大名の大邸宅数は富と権勢が伺える」とし、買物や芝居見物を楽しんでいる。

1862年(文久2年) 天保山に砲台設置指導
摂海を視察の老中格に同行の勝海舟(麟太郎)達は、天保山に砲台設置を指導しています。(~3年)

1863年(文久3年) 新撰組結成。7月 薩英戦争。
古図に、天満堀川の西側に「対馬・尼崎・佐伯・津軽・佐賀藩」等の蔵屋敷がある。難波橋北詰の対馬藩の屋敷は、朝鮮通信使の随員が在阪時の宿泊所に利用されていました。

文久年間に、高津の吉田橋西詰に遊所10軒の遊女屋がありました。

<幕末・後期>
1846年(元治元年)
6月 池田屋事件=京都の志士が新撰組に襲われる。
7月 京都、蛤御門の変=長州藩が幕府軍(会津+薩摩軍)に敗北。
8月 米英仏蘭の連合艦隊が下関砲弾。
9月頃には天保山に、安治川・木津川の河口の設け浚渫(しゅんせつ)した土砂で台場を築き砲台を設け、大火倉庫(2).火薬庫(19)が備えられます。
                  
             大坂開港(大阪府の歴史・河出出版新社)

1865年(慶応元年) 五代友厚が薩摩藩から欧州(英仏ベルギー)に派遣され、モンブラン伯爵と薩摩藩との紡績合資会社の設立計画を立てる。

1866年(慶応2年) 1月 薩長同盟し倒幕の準備が密かに進む。
英米仏蘭の公使は、大坂開港の実現促進のため、摂津沖に連合艦隊が終結する。英国の外交官で通訳のアーティスト・サトウと公使パークスは、対日政策を薩長勢力に移し側面より支援。一方、仏公使ロッシュは、幕府や慶喜に肩入れし、英仏が対立の様相となる。

15代、徳川慶喜の時代(在任10ケ月)
12月 徳川慶喜が15代目将軍となる。
                  
                  徳川慶喜(Wikipediaより)

1867年(慶応3年) 大坂の盛場 この頃人口42万人。
正月、英国外交官アーティスト・サトウ(幕末~明治維新に来日)は、「心斎橋筋へ散歩に出掛けた。ここは大坂随一の盛り場。黒山の様に沢山の人々が異国人の姿を一目見ようと、すぐ後から
ゾロゾロついて来た。こちらもこれに劣らぬ穿鑿心(せんさくしん)を働かせ、暗くなるまで本屋や呉服屋など一軒一軒ひやかしながら町を歩いた」とあります。

3/8 徳川慶喜が、大坂城で英仏蘭の代表に兵庫の開港を約束。
9/18 薩長が、倒幕挙兵の盟約を結ぶ。
10/14 大政奉還=徳川慶喜が、朝廷に政権を還し265年間の徳川幕府に終止符。
                  
              大政奉還(日本全史・講談社より)


11/5 坂本龍馬が暗殺
                   
               龍馬と慎太郎(日本全史・講談社より)
午後8時頃、京都河原町の醤油商近江屋にいた龍馬と中岡慎太郎(30)は、幕府見廻組の佐々木唯三郎ら7名に斬り付けられ、龍馬は頭と背中を斬られ即死、慎太郎も2日後に他界する。

12/7 ついに大坂が開港される。
12/9 王政復古を宣言、将軍職を辞職。新政府が成立する。
徳川慶喜は、朝廷(薩長)に反発する幕臣を抑える為、京二条城を出て、幕府軍は大坂城に集結し体制を整える。

1867年(慶応3年) 戎橋が永成橋に改名
8月 幕府は黒船来訪を恐れ、東夷(ちうい=関東人)西戎(せいじゅう=外人は野蛮で賤しい)と蔑称(べっせい=さげすむの意)があると、永成橋に改名される。しかし、3年後の明治3年に「戎橋」と改正されたのです。

1868年(慶応4年) 朝廷側の薩長兵と旧幕府軍で鳥羽伏見の戦いが勃発する。
1、翌4日朝に、土佐堀の薩摩藩蔵屋敷が焼討ちされ、大坂の町は大騒動。明方には、上町~船場迄火の手が上がり、京橋、玉造も炎に包まれる。旧幕府軍は、大坂城に撤収したが、徳川慶喜には戦意なく、6日夜に臣下に告げず江戸へ脱出を計り、旧幕府軍は離脱する。
2、在城の諸士も城を去り、大坂の町は無政策状態となり、銃器.武具.衣服.諸道具の略奪が横行。町奉行や富屋は戸を閉じ、9日には大坂城も炎上しました。
               
           大坂城炎上(大阪府の歴史・河出出版新社)

3、庶民が落着いたのは、薩長軍の進駐と10日に市民から「慰撫(いぶ=人の心を穏に)に令」が出され、漸く落着き始めました。
2/12 慶喜、江戸城を出て上野寛永寺に謹慎。
3/14 五箇条の御誓文。
4/11 徳川慶喜が水戸へ退去。
5/15 新紙幣の太政官礼(10両.5両.1両.1朱.1分)が発行
幕府が公共事業等を発注する際に期間を限定し、太政官礼を発行。
                  
             政府紙幣(なにわのきずな平成24年1月号)

明治政府も幕府からの御用金を引継ぐ事なく、政府紙幣を発行して国鉄や港を整備し新国家を建設したのです。(現政府も、大量の国債発行での赤字や増税する以前に、政府紙幣を発行し震災対策の生活とインフラ整備に限定してはとの議論もある。)

7/17 江戸は東京と改称される。

新政府の大坂開港と川口位留地
1、船舶は、安治川を4km上り木津川の分流点の川口波止場から外国船の乗入れは難しく神戸港に移っていきました。
2、外人の慰留地は川口の旧夷島(えびすじま)の先端の小さな一角に設置され7月には26区画に商社や個人が競売地に進出しました。
3、外人位留地は、各国の領事が裁判権を持つ治外法権区域で行政も自治運営される事になる。
4、西欧風の都市計画により広い街路舗装が配置、整然とした街区で各国が競い領事館や商館を建て、後にはマリア聖堂も完成、短期間で西欧の小都市が誕生しました。
                   border=
              川口居留地(大阪今昔・中経の文庫)"

5、ガス灯が美しい小都市は、市民にとって牛肉屋.パン屋.洋服屋等の西欧文化や生活様式、言語、教育に触れる文明開化の発信源となり、以降20世紀迄大阪を赤々と照らし続けました。
pagetop
プロフィール

長堀・心斎橋タウンコミュニティ

Author:長堀・心斎橋タウンコミュニティ
理事長:古山昭
主旨
当会は14年前の平成10年(1998年)に長堀通りから南北に広がる南船場、東心斎橋、西心斎橋エリアの商店街や街づくり団体の連絡協議会サミットとして地域の要請を受け設立されたものであります。
目的は:
①エリア内団体の情報共有と共に、1商店街エリアでは無く地域全体としての問題点解決に向けての行動を起こす事。
②当地域をより活力ある地域にする為に、地域の歴史や歴史遺産などを学び、それを踏まえた上での当地域独自の活性化の方向性を考え、行政所轄機関に対し提言活動や陳情等を行ってゆく事。

街づくり憲章
(おしゃれな大人の散歩まち)
1.おしゃれな大人心をもった人が集う街「おしゃれな大人の散歩まち」を目指します。
2.日本を代表する商業エリアを自覚し、そうあり続けるために常に努力します。
3.気軽に立ち寄れるムードを醸成し、楽しく、また来てみたくなる魅力あふれる街を目指します。
4.誰にでも安全な街であるために、バリアフリー実現の推進と街の治安維持に努めます。
5.地域の歴史、文化の継承、創造、発信に努め、これを後世に伝えていきます。
6.街の活性化に寄与するハード及びソフト開発を促進します。
7.長堀・心斎橋の地域住民・企業・団体は、街づくりの協議、協力を積極的に行います。

--------

中国文
Author:心斋桥长堀城市社区
主旨
该会是于14年前的平成10年(1998年),由长堀大道向南北延伸的
南船场、东新斋桥、西新斋桥周边的商店街及城市发展团体的联
络协议会会议的地域要求而设立的。
目的
①该地区团体内的信息共享的同时,不仅是商店街地区,对于地域整
体的问题的解决采取适宜的行动。
②为了使这个地区能成为更具活力的地区,了解当地的历史和文化遗
产,在此基础上,考虑该地区独自的活性化的大方向,向行政所辖机
关上表建议和请愿。

--------
Nagahori-Shinsaibashi Town Community
(Information about the north and south areas along Nagahori street, Minsami-senba, East-Shinsaibashi, and West Shinsaibashi. )

Purpose :
We founded this community for sharing information about the south and north zones.

Aims:
1. Action is taken towards problem solving, not by one shopping area, but by the community as a whole.

2. We will suggest to the city ways to vitalize the area based on the areas history and inherited culture.

来訪者数
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。